トップページ > 読み物 > フラワーデザイン > フラワースクールでも大活躍のフローラルフォーム

フラワースクールでも大活躍のフローラルフォーム

フローラルフォームがフラワーアレンジの必須アイテムになったのは、初心者から経験者、スクール講師やフローリストなどのプロフェッショナルまで、あらゆる人のニーズに応え得る使い勝手の良さが大きな理由でしょう。
ビギナーにも使いやすく、同時にプロの作品づくりへの厳しいこだわりをもサポートする品質の高いフローラルフォームは、フラワーアレンジの現場に欠かせないものです。

お花に触るのが初めて、という初心者の方ならば、フラワースクールの講習でフローラルフォームの正しい使い方を学ぶことができます。
使いこなしのポイントは、確実な吸水の仕方です。
水に浮かべたら、焦らずに自然に沈み切るまでそのまま待ちましょう。

フローラルフォームは、生花や造花、プリザーブド、ドライなどの花材の茎を挿すだけで固定できるので、見栄えのするアレンジが簡単に出来上がります。
中でも万能タイプの「マルチパーパスフローラルフォーム」は、吸水が必要な生花はもちろん、プリザやドライなどすべての花材をカバーできるのが強み。
資材の購入や管理にまつわるコストが大幅に削減できるので、先生方にも大好評です。

初心者向けの1dayコースからディプロマ取得コースまで、高品質なフローラルフォームは究極のレッスンツールとして、これからもアレンジ技術のスキルアップをサポートします。

万能タイプの「マルチパーパスフローラルフォーム」なら、
アミファオリジナル「マルチフローラルフォーム48ブリック入り」ご購入はこちらから

リング型・ハート型もご用意!「マルチフローラルフォーム」商品一覧はこちら