トップページ > よくあるご質問 > 花時計が動かない、文字盤が傾いている…

花時計が動かない、文字盤が傾いている…

【電池を入れても時計が動かない場合】

※輸送中の衝撃で針の接触不良が起こり、動かなることがございます。

電池を入れてカチカチと音がするのに針が動かない場合は、下記の方法を一度お試しいただきたくお願い申し上げます。

1.秒針、分針、時針を順番に1本ずつ取り外します
※針を外す際は、針の中心の丸い部分をつまむようにして、まっすぐ上へ引っ張ってください。
針の部分を持つと折れたり曲がる場合がございますので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

2.時針をはめ込みます

針の中心に段差がある面を下にして、軸の上部とぴったり合う位置まではめ込みます。
強く押し過ぎますと、針の接合部が割れたり、動かない場合がございますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

3.分針をはめ込みます

時針同様、段差のある面を下にして、軸とぴったり合う位置まで押し込みます。
こちらも強くはめ込み過ぎないようご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

4.秒針をはめ込みます

電池を入れた状態で秒針が回りだす位置で止めます。
強く押し込み過ぎますと、軸が回らなくなりますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

5.最後に針同士のかみ合わせを確認するため針を回します

針同士が引っかからないか確認するため、一度針を回してみてください。
また、12時の位置で時針と分針がぴったり重ならない場合は、手で針の位置を微調整してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

【文字盤や背面のムーブメントが傾いている場合】

※アレンジ後に時計が故障した場合に備え、時計部分を交換できる構造にしております。
そのため、 文字盤および背面のムーブメント部分は接着はしておりません。

左右へ傾いている場合がありますが、お客様ご自身で向きを調整していただきたくお願い申し上げます。
針の部分のネジで固定されておりますので、文字盤の調整の際に固くて回せない場合はネジを緩めて調整をお願いいたします。
同時に後ろの時計本体も傾きますので支えながら回転させてください。